kisoレチノールセラムは本当に良い!?使い方や口コミ、ブログなど紹介

美容

スポンサーリンク

レチノールは最近注目のアイテム!

  • 今回はkisoレチノールセラムについて本当に良いのか
  • レチノール反応はでないのか
  • kisoレチノールセラムの使い方
  • kisoレチノールセラムの口コミ
  • kisoレチノールセラムを実際に使用した人ブログ

以上についてご紹介します!

kisoレチノールセラムとは?本当に良い?レチノール反応はでないのか

KISOのレチノールセラムとは純粋レチノール配合美容液です。

レチノールと言えばビタミンAとも言われエイジングケアの代表的な必須美容成分の一つ。

そこで気になるのがレチノール反応です。レチノールはビタミンAの一種であることから「A反応」とも言われています。これはビタミンAが不足している肌にビタミンAを補給した時、肌の新陳代謝が促進されることで起こる反応です。主に乾燥感赤みひりひり感痒みなどを生じます。

KISOのレチノールセラムはナノカプセル化している為、安定性が高く低刺激のためこのレチノール反応が起こりにくく刺激が少ないです。

そのためレチノール初心者の方お肌が敏感という方にはkisoのレチノールセラムは本当良い美容液といえます。

kisoレチノールセラムの使い方は?用量や使用期間もご紹介!

KISOレチノールセラムの使い方をご紹介いたします。

  1. 洗顔、化粧水でお肌を整える
  2. セラムを2~4滴手のひらで温め顔全体に馴染ませる(浸透率を上げるため)※朝晩使用可能
  3. クリームなどで乾燥しないように蓋をする

KISOのレチノールセラムの容量は30ml。約1カ月半程の容量になっています。開封後は3か月以内で使用するよう推奨されています。

kisoレチノールセラムの口コミ

KISOのレチノールセラムは朝晩使用可能ですが純粋レチノールは※光毒性があるため、朝に使用する場合はしっかり紫外線対策が必要です!(※光毒性とは肌につけた状態で日光に当たると色素沈着や炎症などの皮膚トラブルが起こること)

レチノールを使いたいけど赤みや皮むけが気になる方に良いですね!

ニキビや毛穴が気になって成分のオイルを避けている方にもよさそうです!

kisoのレチノールセラムはコスパや品質もよく、肌が敏感な方でも使用できてニキビや毛穴が気になるオイリー肌の方も安心して使っていけそうですね。

kisoレチノールセラムについての実際の声ブログ

実際に試してわかりやすく紹介しているブログを紹介いきたいと思います。

目周りなどの肌の薄い部分にも使用できるkisoのレチノールセラム。肌にはりがでてシワが目立ちにくい気がすると詳しく書かれています。

美容と健康が大好きなアラフォーみぃさん

アトピーで敏感肌のcanapy88さんでも使用できたとのこと。値段もきにせずにレチノールを試せるのはkisoのレチノールセラムだからこそかもしれません!

肌磨きは女磨き!関西弁が可愛い canapy88さん

まとめ

KISOのレチノールセラムは低刺激でレチノール反応もでにくくコスパや品質も良い美容液です。使い方もとっても簡単で普段のスキンケアにプラスするだけ。口コミからも使い続けやすい美容液であると思いました。レチノールを取り入れたいけど何から始めてよいのかわからない方にはぜひおススメです!


スポンサーリンク

美容

Posted by manathii